2015年06月17日

傷は深いぞ!しっかりしろ!

久々の更新だー
えいぶです。

7月開催のアホカリプス2015に第一騎兵師団、合同チーム「FNG48」の一員として参加します。
17名のほぼ1個小隊規模の大所帯ですので、今からテンションが上がりますね!

で、えいぶはというと今回残念ながら衛生兵を担当しておられるお方が不参加ということで、その代役として衛生兵を務めさせていただくことになりました。
まぁ、COMBAT!で数回衛生兵やったし、ノウハウがないわけではないから大丈夫でしょう(慢心)

しかし、M5メディカルバッグ(リュックサック型)はお借りできることになったのですがM3(肩掛け型)がない・・・
正直M3の方が騎兵的には合ってる(M5は空挺用らしい・・・?)んですよね。 
まぁないものはない、どうしようもないので出来ることからコツコツとしていくことにしました。


<
・・・で、出来そうだった書類の作成をしてみました。
今回のFNG48は「ちょいマジメリエナクト」らしいので、こういう小物があってもいいかなーと愚考した次第です。
手前側に扇状になっているのは「Witness Statement on Indivisual(戦死/作戦中行方不明者証明書)」と「Casualty Report(負傷報告書)」です。
奥の下敷きになっているのは「Kitchin Requisition(食材要求書?)」。装備の請求書かと思って印刷してみたら食材だったでござる(馬鹿)

前者2つは兵・下士官が書くものではなく、小隊長など尉官が報告のために書くものですが、とりあえず作ってCPに置いておこうかなと。
紙モノあるだけで生活展示ってグッと変わりますからね(持論)

ま、これではえいぶが持っても意味のない物ばっかりですので自分で書くものも作りましょう


「Field Medical Card」です。
負傷兵の負傷具合を書いてこうこう応急処置しましたよ、ということを書いて兵の手や足に針金で巻きつける、今でいう「トリアージ・カード」みたいなものです。
負傷者が多数の場合のトリアージと、後送されたとき前線でどのような処置がなされたのかということを確認するためのものです。
例えば負傷した兵に前線でモルヒネを投与した後、時間を置かず後方でもモルヒネを使用した場合最悪死に至るので現地でどのような処置をしたかというのを知っておくのは大切な事なのです・・・

ちなみに実物はこんな感じ。
今回はそれっぽく見えればいいので茶色のハトメまでは再現しません。


まずは先ほどのカードをこのように印刷します。
A4の紙で3枚作れるようです。
ちなみに実物のサイズを知りませんのでこんなもんだろう、というどんぶり勘定で作っています()


サクサク切っていきましょう。
しかしこの丸刃のデザインナイフ超使いやすい・・・ステキ・・・・・


こんな感じになります。遠目から見ればそれっぽいでしょ?(ドヤァ


パンチで穴開けてとりあえず完成。
作ってから気づく、そういえば針金ウチにねぇや・・・・


今回作成した書類。
はたしてこれ使うのか!?と作ってから思ったりしますがキニシナイ!





・・・・しかし、こんなにメディカルカードについて語ったブログって初めてなんじゃないかなぁ・・・・・・・・
どっとはらい。







同じカテゴリー(ネタ)の記事画像
100均くおりち→なパッチ
うわぁ
昨日のびっくりドッキリメカ
同じカテゴリー(ネタ)の記事
 100均くおりち→なパッチ (2012-11-20 16:41)
 うわぁ (2012-06-16 00:01)
 昨日のびっくりドッキリメカ (2011-07-01 12:34)

Posted by えいぶ  at 21:01 │Comments(3)ネタ

この記事へのコメント
針金の束、隊長に渡しておいたので、21日のゲーム等で受け取ってください。

華道で使う良い針金です。補強シールはなくても大丈夫でしょう。どうせゲームだしww

衛生兵よろしくお願いいたします。
私の指揮だ。屍累々となるであろう・・・・・・・・・・
Posted by メルダースメルダース at 2015年06月20日 22:17
お!本当ですか!ありがとうございます!
まぁ、細かいことを言えば裏面があったり、茶色のハトメが付いてたりなんですが、どうせゲームですしw

衛生兵、謹んで拝命いたします。
傷を治す秘孔を付く練習をせねば・・・んん~~?間違ったかな?
Posted by えいぶえいぶ at 2015年06月21日 08:25
ひでぶ!

おいおい、それ3年前のCOMBAT4のときのうちらのテントネタが再燃しちゃうから、やめようぜぇw

だれだよ、チバさんのナレーション全集持ってきたの・・・・・
Posted by メルダースメルダース at 2015年06月21日 21:00
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。